《広東語》(初級86) 金額の表現方法 その①

音声記号(Phonetic Alphabet):

こんにちは!今回は金額の表現方法について学習していきたいと思います。当初は初級の早い段階で学習していこうと考えていたのですが、書いてみると意外と複雑であるため、今回に紹介という形にさせてもらいました。

金額の述べ方

既に今まで出てきた例文の中でよく通貨として「蚊(man1)」を使っているので、これは”香港ドル”という意味で理解している方も多いと思いますが、改めてその金額の述べ方を学習していきたいと思います。

日本語
広東語 英語
(香) 香港ドル
(澳) パタカ

(man1
hong kong dollar
pataca
(香) 10セント
(澳) 10アヴォス
毫子/
(hou4 ji2/hou4
10 Cents
10 Avos
(香) 1セント
(澳) 1アヴォ

(sin1
1 Cent
1 Avo

表中の”(香)”は香港、”(澳)”はマカオを表します。香港は香港ドル(Hong Kong Dollar)、澳門(マカオ)はパタカ(PATACA)と通貨が異なりますが、どちらの地域も広東語では上記表に従った単位が使われています。以降本ページでは基本的に日本語・日本語訳でこれらの通貨を記載するときは香港の通貨単位で記載します。

現在1セント単位の値段が使われることは銀行の預貯金や株価等の金融関連以外で使うことはあまりありません。また、1セント硬貨は現在流通していないため、日常使われる最小のお金の単位は10セントからになります。

金額の表現方法(ドル)

まずは、単位がドル以上の場合については「[数字] + 蚊」というだけとなります。

広東語
発音記号 日本語
一蚊 yat1 man1 1ドル
兩蚊 leung5 man1 2ドル
三蚊 saam1 man1 3ドル
四蚊 sei3 man1 4ドル
五蚊 ng5 man1 5ドル
六蚊 luk6 man1 6ドル
七蚊 chat1 man1 7ドル
八蚊 baat3 man1 8ドル
九蚊 gau2 man1 9ドル
十蚊 sap6 man1 10ドル
二十蚊 yi6 sap6 man1 20ドル
三十蚊 saam1 sap6 man1 30ドル
四十蚊 sei3 sap6 man1 40ドル
五十蚊 ng5 sap6 man1 50ドル
六十蚊 luk6 sap6 man1 60ドル
七十蚊 chat1 sap6 man1 70ドル
八十蚊 baat3 sap6 man1 80ドル
九十蚊 gau2 sap6 man1 90ドル
廿蚊 ya6 man1 20ドル
卅呀蚊 sa1 a3 man1 30ドル
三呀蚊 saam1 a3 man1 30ドル
四呀蚊 sei3 a3 man1 40ドル
五呀蚊 ng5 a3 man1 50ドル
六呀蚊 luk6 a3 man1 60ドル
七呀蚊 chat1 a3 man1 70ドル
八呀蚊 baat3 a3 man1 80ドル
九呀蚊 gau2 a3 man1 90ドル
一百蚊 yat1 baak3 man1 100ドル
兩百蚊 leung5 baak3 man1 200ドル
二百蚊 yi6 baak3 man1 200ドル
兩千蚊 leung5 chin1 man1 2000ドル
二千蚊 yi6 chin1 man1 2000ドル

注意点として”2ドル”という場合は「兩蚊」という必要があります。「二蚊」は間違いですので気をつけてください。次に”20ドル”という場合は「二十蚊」といい、「兩十蚊」とはいいません。ただ”200ドル”、”2000ドル”という場合は「二百蚊」と「兩百蚊」、「二千蚊」と「兩千蚊」のどちらでも構いません。

100ドルや1000ドルの場合は日本語と異なり基本的にちゃんと「一」をいう必要があります。例えば”100香港ドル”の場合は「一百蚊」や、”1000香港ドル”の場合は「一千蚊」といいます。

また、20~90ドルの間は言い方が2つあり、例えば30ドルという場合は「三十蚊」と「卅呀蚊」という言い方があります。こちらはどちらをよく使うのかといわれるとどちらもよく使うので覚えたほうがよいでしょう。

これらは以前学習した「(初級03)数字の数え方を学ぼう」と同じですので参考にしてください。

金額の表現方法(10セント)

次は10セント単位を述べる場合について紹介したいと思います。「毫子」と「毫」の2つの言い方がありますがどちらを使っても構いません。また、ドルと組み合わせて1.1ドルなどという場合は少し言い方が異なるので、それはあとで説明していきたいと思います。以下の表はあくまで10セント単位の金額のみを述べる場合のみの言い方となります。

広東語
発音記号 日本語
一毫子 / 一毫 yat1 hou4 ji2 / yat1 hou4 0.1 ドル
兩毫子 / 兩毫 leung5 hou4 ji2 / leung5 hou4 0.2 ドル
三毫子 / 三毫 saam1 hou4 ji2 / saam1 hou4 0.3 ドル
四毫子 / 四毫 sei3 hou4 ji2 / sei3 hou4 0.4 ドル
五毫子 / 五毫 ng5 hou4 ji2 / ng5 hou4 0.5 ドル
六毫子 / 六毫 luk6 hou4 ji2 / luk6 hou4 0.6 ドル
七毫子 / 七毫 chat1 hou4 ji2 / chat1 hou4 0.7 ドル
八毫子 / 八毫 baat3 hou4 ji2 / baat3 hou4 0.8 ドル
九毫子 / 九毫 gau2 hou4 ji2 / gau2 hou4 0.9 ドル

注意点として”20セント”という場合は「兩毫子」という必要があります。「二毫子」は間違いですので気をつけてください。

金額の表現方法(ドル+10セント)

次にドルと10セントが組み合わさった時の言い方を紹介していきたいと思います。通常買い物をするときはほぼすべての場合、ドルと10セント単位が一緒に使われると思います。

広東語
発音記号 日本語
個一 go3 yat1 1.1ドル
一蚊一毫子 yat1 man1 yat1 hou4 ji2
一蚊一毫 yat1 man1 yat1 hou4
個半 go3 bun3 1.5 ドル
一蚊五毫子 yat1 man1 ng5 hou4 ji2
一蚊五毫 yat1 man1 ng5 hou4
個八 go3 baat3 1.8 ドル
一蚊八毫 yat1 man1 baat3 hou4
一蚊八毫子 yat1 man1 baat3 hou4 ji2
三個半 saam1 go3 bun3 3.5ドル
三蚊五毫子 saam1 man1 ng5 hou4 ji2
三蚊五毫 saam1 man1 ng5 hou4
十個一 sap6 go3 yat1 10.1ドル
十蚊一毫子 sap6 man1 yat1 hou4 ji2
十蚊一毫 sap6 man1 yat1 hou4

こちら以下の3パターンの言い方があります。
(1) [数値(ドル)] + 個 + [数値(10セント単位)]
(2) [数値(ドル)] + 蚊 + [数値(10セント単位)] + 毫子
(3) [数値(ドル)] + 蚊 + [数値(10セント単位)] + 毫

基本的に(1)が一般的によく使われます。(2)や(3)はあまり使われない傾向にあります。また、(1)の場合は「蚊」や「毫子/毫」は使わずにドル単位と10セント単位の間に「個」を使います。これは小数点を表しています。

もう一つ表を見ていきましょう。以降は(2)、(3)の言い方は使用頻度が低いので割愛します。

広東語
発音記号 日本語
二十個半 yi6 sap6 go3 bun3 20.50ドル
二十零五蚊 yi6 sap6 ling4 ng5 man1 20.50ドル
九十個八 gau2 sap6 go3 baat3 90.80 ドル
九十零八蚊 gau2 sap6 ling4 baat3 man1 90.80 ドル
一百零五個四 yat1 baak3 ling4 ng5 go3 sei3 105.4ドル

20~90ドル単位 + 10セント単位を述べる場合は
(4) [数値(ドル)] + 零 + [数値(10セント単位)] + 蚊
という表現をするときがあります。

この表現は1~19ドル、100ドル以上の場合には使われませんので注意してください。

街中で書かれる数字

お店などで通貨を記載するときは
・元
・$
・HKD(HK$)
・通貨単位を記載しない
のいずれかになります。「$」もしくは「元」を使うことが一番多いと思います。

口語の時は「蚊(man1)」ですが書くときは「元(yun4)」という漢字を使うのが一般的です。

「$」を使った記載。
「元」を使った記載。
「HK$」を使った記載。
通貨単位記載無し。

1セント単位が使われる場合

本ページの最初のほうに記載したように基本的にドル単位、セントは10セント単位で使われるのが普通です。1セント単位での支払いが必要な場合は普通の場合はまずありません。

ただ、稀に使うことがあります。銀行ではこの1セント単位でも取り扱うことができます。実際銀行の預金も1セント単位で管理されています。またATMでも送金する際に1セント単位で指定することもできます。管理人も以前とあるお店からの買い物で〇〇〇.43ドルという請求が来たことがありましたので、その時ATMで1セント単位まで入力して送金しています。また株価でも1セント単位が使われています。

普段は使う機会がないと思いますが、1セント単位を使う時の表現方法を以下に記載したいと思います。

広東語
発音記号 日本語
一仙 yat1 sin1 1セント
兩仙 leung5 sin1 2セント
三仙 saam1 sin1 3セント
四仙 sei3 sin1 4セント
五仙 ng5 sin1 5セント
六仙 luk6 sin1 6セント
七仙 chat1 sin1 7セント
八仙 baat3 sin1 8セント
九仙 gau2 sin1 9セント

では次に10セント単位と1セント単位を組み合わせて使う場合について記載したいと思います。

広東語
発音記号 日本語
一毫一 yat1 hou4 yat1 11セント
一毫一仙 yat1 hou4 yat1 sin1 11セント

こちらは上記のように
(1) [10セント単位] + 毫 + [1セント単位]
(2) [10セント単位] + 毫 + [1セント単位] + 仙
のいずれかを使って表します。「毫子」は使われないので注意してください。

それでは次はドル単位を組み合わせた場合の使い方について紹介していきたいと思います。

広東語
発音記号 日本語
一點零五仙 yat1 dim2 ling4 ng5 sin1 1.05ドル
一點零五蚊 yat1 dim2 ling4 ng5 man1
一點零五 yat1 dim2 ling4 ng5
一個八毫三 yat1 go3 baat3 hou4 saam1 1.83ドル
一點八三仙 yat1 dim2 baat3 saam1 sin1
一點八毫三 yat1 dim2 baat3 hou4 saam1
一點八三蚊 yat1 dim2 baat3 saam1 man1
一點八三 yat1 dim2 baat3 saam1
兩個九毫四 leung5 go3 gau2 hou4 sei3 2.94 ドル
兩點九四仙 leung5 dim2 gau2 sei3 sin1
兩點九毫四 leung5 dim2 gau2 hou4 sei3
兩點九四 leung5 dim2 gau2 sei3
兩點九四蚊 leung5 dim2 gau2 sei3 man1

上記のように複数言い方があります。そもそも使われる機会が少ないので頭の片隅におく程度でよいでしょう。条件としては
・10セント単位は「毫子」は使われない。
・10セント単位がない場合「零 + [1セント単位]」という形で言う。
・「毫」と「仙」は一緒に使われず、どちらかを省略する。
・「個」使うときは毫と仙は使わない。
となっています。

おまけ:流通通貨単位

香港と澳門で使われている硬貨と紙幣について広東語とは関係ありませんが補足をしたいと思います。香港と澳門で使われている通貨の硬貨・紙幣は通貨単位は違いますが、存在する硬貨・紙幣の数値はほぼ同じです。日本では馴染みがありませんが、2という数字を使った硬貨・紙幣が香港・澳門では使われます。こちらは香港と澳門では少し異なり
香港:20セント硬貨、2ドル硬貨、20ドル紙幣
澳門:20パタカ紙幣
となっていて、澳門は20パタカ紙幣のみ2という数値を使ったの硬貨・紙幣が存在します。以前は20アヴォスや2パタカ硬貨もあったのですが現在は製造されておらず流通していません。

また、10ドルですが、香港では硬貨と紙幣両方が存在します。実は現在は10ドル紙幣が発行されているのですが、その前は10ドル硬貨が使われていました。現在も10ドル硬貨はよく流通しており、しかも重いので管理人は10ドル硬貨を受け取るとあまり嬉しくありません。ちなみに街中にあるガチャガチャをするときはこの10ドルコインを使う場合があります。

澳門は過去には10パタカ貨幣が存在していましたが、現在10パタカ紙幣のみ流通しています。
参考に表を作成しましたので比較用にご使用ください。

硬貨/紙幣 香港 澳門
10セント/アヴォス硬貨
20セント/アヴォス硬貨 ×
50セント/アヴォス硬貨
1ドル/パタカ硬貨
2ドル/パタカ硬貨 ×
5ドル/パタカ硬貨
10ドル/パタカ硬貨 ×
10ドル/パタカ紙幣
20ドル/パタカ紙幣
50ドル/パタカ紙幣
100ドル/パタカ紙幣
500ドル/パタカ紙幣
1000ドル/パタカ紙幣

今回もお読み頂きありがとうございました!金額の言い方は複数種類存在することが多く、いずれも頻繁に使われるため、少し覚える量が多いので大変かもしれません。

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事カテゴリ一覧

最新記事

  1. こんにちは!今回は今まで学習した比較用法についてどれくらい異なるのかを表現する方法を学んでい…
  2. こんにちは、前回は「(初中級33)A + [形容詞] + 過 + B : AはBより [形容…
  3. こんにちは!今回から複数回に渡って比較に関する用法の紹介をしていきたいと思います。比較の…
  4. こんにちは!今回は"できる"という意味の「有得/冇得」 と 「[動詞]+到/唔到」の違いについて学習…
  5. 今回は「有得/冇得 + [動詞] 」について学習していきたいと思います。前回「(初中級31)…
  6. こんにちは!今回は動詞と「到(dou2)」を組み合わせた表現について紹介していきたいと思いま…
  7. こんにちは!今回は「為咗~」の使い方について紹介していきたいと思います。 「為咗~,……
  8. こんにちは!今回は「[動詞] + 錯」について学んでいきたいと思います。ミスをしてしまっ…
  9. こんにちは!今回は「返去」、「返嚟」についてご紹介したいと思います。 「返去」/「返嚟…
  10. 本ページでは仕事・ビジネスで役立つ電話の際の簡単な広東語を音声付きで紹介していきます。 …
logo1

こんな記事も!

  1. 「[形容詞] + 啲」とは こんにちは!今回は「[形容詞] + 啲」について紹介したい…
  2. 「唯有~」とは こんにちは!今回は「唯有~ 」について紹介していきたいと思います。 …
  3. こんにちは。今回は「又」を使った用法を紹介していきたいと思います。 「又」とは …
  4. 本ページでは両替の際に役立つ広東語を音声付きで紹介していきます。 この日本円を香港ドル…
  5. こんにちは!今回は「再 + [形容詞]」の使い方について学習していきたいと思います。 …
  6. こんにちは、今回は一年間の始まり1月1日から終わりの12月31日までの言い方を学習していきた…
ページ上部へ戻る