アマゾンを活用して便利にしよう

香港に住んでいると日本の物が必要になる時があると思います。そういう時は日本にいる家族や友人に頼むことが多かったのですが、最近はアマゾン(amazon.co.jp)が海外発送に対応している商品が増えてきており、頼む必要もなくなってきました。

アマゾンは以前は書籍やメディア関連のカテゴリのものしか海外発送していなかったのですが、知らぬうちに海外配送対象が他のカテゴリにも拡大されていたみたいです。配送先を香港にして色々試してみたのですが、おもちゃや電子機器といった物も香港に送れてしまいます。
大型の商品だと送料が数千円になってしまうのですが、小型商品なら送料は600円くらいとかなりお得です。

このアマゾンの海外配送は日本国内に配送するよりも海外配送したほうがお得なことがあり、何がお得かというと消費税8%が不要なのです。なので配送料が安く、商品価格が高い物だと海外に送ってもらった方が安いという不思議な現象も起きます。

実は本日任天堂からファミコンの手のひらサイズでファミコンゲームが30本入っている「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」の発売が発表されました。
アマゾンでも「こちら」で予約販売を開始しており、早速アマゾン限定版(税込み6,458円)を注文してみました。

その時に発行された注文書が↓の画像になります。
order
消費税8%がいらないので商品価格が5980円でした。送料は587円で合計6,567円。日本国内に配送してもらう場合は税込みで6,458円なので、香港に配送しても100円高い程度でした。届くのがとても楽しみです。

また、海外配送するときは配送方法を2種類から選ぶことができます。

配送方法 お届け目安
AmazonGlobal 海外配送(エコノミー) 5-9営業日
AmazonGlobal 海外配送 2-4営業日

 
となっています。エコノミーのほうが配達されるのが少し遅いですが、その分安いんですね。エコノミーのほうが大体普通の配送方法より半分くらい送料が安いようです。

ちなみに、今回わたしが買ったミニファミコンの場合は香港までの送料が

配送方法 送料
AmazonGlobal 海外配送(エコノミー) 587円
AmazonGlobal 海外配送 1,128円

 
となっていました。注文時に配送料が確定するのでとても安心です。

海外発送対応地域についてはこちらに書いてあります。香港以外にも送れる地域があるので海外在住するときはアマゾンが頼りになりそうです。
アマゾン:海外配送対応地域

今回もお読み頂きありがとうございました。

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事カテゴリ一覧

最新記事

  1. こんにちは!以前に「(初中級33)A + [形容詞] + 過 + B : AはBより […
  2. こんにちは!今回は今まで学習した比較用法についてどれくらい異なるのかを表現する方法を学んでい…
  3. こんにちは、前回は「(初中級33)A + [形容詞] + 過 + B : AはBより [形容…
  4. こんにちは!今回から複数回に渡って比較に関する用法の紹介をしていきたいと思います。比較の…
  5. こんにちは!今回は"できる"という意味の「有得/冇得」 と 「[動詞]+到/唔到」の違いについて学習…
  6. 今回は「有得/冇得 + [動詞] 」について学習していきたいと思います。前回「(初中級31)…
  7. こんにちは!今回は動詞と「到(dou2)」を組み合わせた表現について紹介していきたいと思いま…
  8. こんにちは!今回は「為咗~」の使い方について紹介していきたいと思います。 「為咗~,……
  9. こんにちは!今回は「[動詞] + 錯」について学んでいきたいと思います。ミスをしてしまっ…
  10. こんにちは!今回は「返去」、「返嚟」についてご紹介したいと思います。 「返去」/「返嚟…
logo1
広東語
発音gaau1
品詞動詞
用途口語/書面語
意味渡す。
引き渡す。
提出する。

こんな記事も!

  1. 今回は「不過」と「但係」の使い方について学習していきたいと思います。 「不過~」、「但…
  2. 「雖然~但係…」とは 今回は「雖然(seui1 yin4)~但係(daan6 hai6)……
  3. 今回は「點(dim2)」と「點樣(dim2 yeung2)」の使い方について学んでいきたいと…
  4. 聖闘士星矢の30周年記念販売があるということでタイムズスクウェア(繁:時代廣場 英:Times Sq…
  5. 今回から数回に渡って年月日、時間などの表現について学習をしていきたいと思います。今回は「年」…
  6. 「一 ~ 就 … 」とは 今回は「一 ~ 就 …」という用法について紹介したいと思いま…
ページ上部へ戻る